new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

頭のうえを何かが Ones Passed Over Head 岡﨑乾二郎

2,530円

送料についてはこちら

  • 【サインあり】頭のうえを何かが Ones Passed Over Head

    ¥2,530

  • 【サインなし】頭のうえを何かが Ones Passed Over Head

    ¥2,530

「ストローク(脳梗塞)は僕にとって恩寵でした。そして深い教えでした。」 『抽象の力』(第69回芸術選奨文部科学大臣賞)の岡﨑乾二郎さんは、2021年10月に脳梗塞で倒れました。 倒れてから1ヵ月後に麻痺した右手で描いた40作以上の絵と「リハビリ記」(2万7千字)が収録されています。 本書は、カラー部分だけでも約100頁ある画集であり、病をも創造の糧とする示唆に溢れた手記でもあります。 【書籍概要】 『頭のうえを何かが Ones Passed Over Head』 著者:岡﨑乾二郎 仕様:A5横 並製 144頁(カラー96頁) 装丁:TAKAIYAMA inc.  定価:2,530円(本体2,300円+税) ISBN:978-4-86732-023-5 C0071 発売:2023年12月上旬 【本書より】 2021年10月30日土曜日の23時でした。知り合いにPCでメッセージを送りはじめたときに指がもつれはじめ、腕から力が抜け、右手も右足も瞬く間に動かなくなりました。椅子からずり落ちるように、なんとか床に横たわりました。脳梗塞だと思いました。(リハビリ記 冒頭) 絵を再び描くなんてことはありえないと思い込んでいた一人の脳梗塞片麻痺患者にとって、目の前で出来上がっていく絵は、自分で描いたものであるにもかかわらず、人ごとのように驚きをもって見えたものである。だからスマホで家族やスタッフにそれを送った。ネコが自分が獲ったエモノ、見つけた事物を家人の手元に持っていって自慢するようなもの である。(あとがきより抜粋) 【プロフィール】 岡﨑乾二郎(おかざき・けんじろう) 1955年東京生まれ。造形作家。批評家。セゾン現代美術館、豊田市美術館で大規模な個展を開催するとともに、美術批評を中心として執筆を続ける。主著に『ルネサンス 経験の条件』(文春学藝ライブラリー)、『抽象の力 近代芸術の解析』(亜紀書房/第69回芸術選奨文部科学大臣賞)、『感覚のエデン』(亜紀書房/第76回毎日出版文化賞〈文学・芸術部門〉)、『絵画の素 TOPICA PICTUS』(岩波書店)など。

セール中のアイテム