『よいひかり』三角みづ紀
5a0138f092d75f2be4001cf3

『よいひかり』三角みづ紀

¥1,512 税込

送料についてはこちら

  • サイン本

  • 通常版(ポストカード付き)

装画:さとうさかな 装丁:服部一成 仕様:B6変形 上製 128ページ 発刊:2016年8月 ISBN:978-4-904292-69-3 C0092 ※すべての本に特製ポストカード付 中原中也賞、そして、史上最年少で 萩原朔太郎賞を受賞した最前線詩人が描く、 詩人と旅と生活。 本書は、詩人・三角みづ紀による7冊目の詩集です。  本年2月の1カ月間、ベルリンに渡り書き下ろした36篇からなります。 「自分という存在が息をひそめてようやく、あたり一面に詩があふれていることに気づくのだと考えて、生活や日常の詩集をつくりたいと思った」 あとがきで書かれたように本作のテーマは生活。 「カレンダー」「鋏」「ブランケット」「手袋」「傘」……、 日常の品々がタイトルとして並び、 そのひとつひとつに注がれたひかりが、 私たちの身近な言葉で、詩となり描かれた一冊。 デザイナー・服部一成による装丁が、詩編を美しく束ねています。 本書を美しく彩る装画は、大阪在住の新鋭画家、さとうさかなさんの作品です。 作品を提供されるのは、本書が初となります。 また、本の間には、装画と同じ絵のポストカードを挟みました。 〔プロフィール〕 三角みづ紀(みすみ・みづき)  1981年生まれ。第1詩集『オウバアキル』で中原中也賞受賞。第2詩集『カナシヤル』で歴程新鋭賞、南日本文学賞を受賞。新藤涼子、川津聖恵との連詩集『連詩 悪母島の魔術師』で藤村記念歴程賞を受賞。第5詩集『隣人のいない部屋』で萩原朔太郎賞を最年少受賞する。美術館での言葉の展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。