『村上春樹とイラストレーター  佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸』 監修 ちひろ美術館
5a0539b4f22a5b6d690043d5

『村上春樹とイラストレーター  佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸』 監修 ちひろ美術館

¥1,944 税込

送料についてはこちら

帯、大扉タイトル文字:和田誠 装丁:大島依提亜 仕様:A6判 上製 カラー 240ページ ISBN:978-4-904292-66-2 C0071 村上文学を鮮やかに彩る イラストレーションが満載! ちひろ美術館・東京(練馬区)で2016年8月7日まで開催された同名の展覧会をベースに、佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸が村上春樹と共作したさまざまな作品を、見ごたえたっぷりのカラーページで紹介します。 ちひろ美術館学芸員による解説とコラム、資料ページ(作品リスト、収録書籍一覧、「村上春樹とイラストレーター略年譜」)も充実! ことばと絵の響きあいを楽しめる、ポケットサイズの愛らしい作品集です。 〔プロフィール〕 佐々木マキ(ささき・まき)  1946年兵庫県神戸市生まれ。マンガ家、絵本作家、イラストレーター。1966年「ガロ」「朝日ジャーナル」を中心に自由で実験的なマンガを立て続けに発表。1973年、福音館書店より『やっぱりおおかみ』を刊行。「こどものとも」などで独創的な絵本を多数発表する。マンガ作品集に『佐々木マキ作品集』『ピクルス街異聞』『佐々木マキのナンセンサス世界』『うみべのまち』。絵本に『やっぱりおおかみ』『ねむいねむいねずみ』『ぶたのたね』『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』『おばけのばむけ』ほか多数。エッセイ集に『ノー・シューズ』がある。京都市在住。 大橋歩(おおはし・あゆみ)  1940年三重県安濃郡(現・津市)生まれ。イラストレーター。1964多摩美術大学油絵学科卒業。1964年「平凡パンチ」の創刊号から7年半表紙の絵を担当。以後、広告、雑誌などの仕事をする。2002年に季刊誌「Arne」を創刊。2010年秋から大人の洋服「a.」を製造・販売。主な著書に『日々が大切』『わたしのお買い物』『大人のおしゃれ』など。東京都在住。 和田誠(わだ・まこと)  1936年大阪府大阪市生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーター。1959年多摩美術大学図案科卒業、ライトパブリシティに入社、1968年よりフリーランス。1965年雑誌「話の特集」にアートディレクターとして参加。1968年から4年数カ月「週刊サンケイ」の表紙に似顔絵を描く。1977年より「週刊文春」の表紙(絵とデザイン)を担当し、現在に至る。出版した書籍は200冊を超える。1974年講談社出版文化賞(ブックデザイン部門)、1993年講談社エッセイ賞、1994年菊池寛賞、1997年毎日デザイン賞など受賞多数。東京都在住。 安西水丸(あんざい・みずまる)  1942年東京都生まれ。イラストレーター、漫画家、エッセイスト、小説家。1965年日本大学藝術学部美術学科卒業。電通、ADAC(N.Y.のデザイン・スタジオ)、平凡社でアートディレクターを務めた後、フリーランスとなる。朝日広告賞、毎日広告賞などを受賞。絵本、小説、エッセイなど著書多数。後進のイラストレーターの育成にも力を注いだ。2014年3月19日逝去、享年71。 村上春樹(むらかみ・はるき)  1949年京都府生まれ。『風の歌を聴け』(1979年)で群像新人文学賞を受賞し、デビュー。『羊をめぐる冒険』(1982年)で野間文芸新人賞受賞。『ノルウェイの森』(1987年)がベストセラーとなる。海外でも高く評価され、2006年フランツ・カフカ賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞を受賞。その他受賞多数。